【知育玩具】0~1歳児にハマる!おすすめおもちゃ3選!

ざっくり言うと

  • 海外で子育て中の筆者が日本から来た親族にもらったり、一時帰国したときに購入したりしたお気に入りのおもちゃを紹介!
  • 五感に働きかけるおもちゃは子供だけでなく大人もハマりやすい!
  • 買って後悔しないおもちゃの見つけ方がわかる!

「おもちゃって無限大にあって、どれを買ったらいいかわからない」と思っているパパママは多いのではないでしょうか。

今回の記事では、私の息子(1歳)が今まで夢中になり、かつ私も楽しめるおすすめのおもちゃを3点に絞ってご紹介します。最後に良いおもちゃの見つけ方も紹介してみます。

おすすめおもちゃ(0~1歳)

現在私の息子はちょうど1歳。ということで、0~1歳までのお子様に特におすすめのおもちゃを紹介します。

(1)ボーネルンドのブーバブルーン

出産直後にカリフォルニアまで駆けつけてくれた母からもらったコンパクトなおもちゃです。

息子が生後5ヶ月頃から1歳になる現在までとても気に入っています。

一見普通のボールに見えますが、実は中身は風船。布製のカバーの中に風船を入れ、空気を入れて使います。風船ですが、軽くてよくバウンドするので、ボールのように遊べます。息子の前にブーバブルーンを転がしてみたり、ヘディングさせてみたりすると、息子は大喜び。

このおもちゃの一番良いところは、持ち運びが簡単なところ。

何かと荷物が多いパパママにとって、移動時に荷物にならないのは本当にありがたい!
万が一中身の風船が破裂しても、布のカバーがついているので安心です。

公式HPによると、「乳幼児時期のボール遊びは、バランス感覚や視神経の発達によい影響を与え、この時期に身につけた運動の動作は、その後スポーツをする上での土台にもなる」そうです。

一緒に遊んだ友達からの評判もなかなか良い感じです。値段も968円(税込み)とお手頃なので、初めてのボール遊びにおすすめです!

品の公式HP

 

(2)はじめて英語ミッキーマウスいっしょにおいでよ!

息子が従兄弟のおうちに遊びに行ったときにゾッコンになったおもちゃです。
ミッキーが音楽とおしゃべりで床をまわり、赤ちゃんのハイハイを促します。

ちょうど8ヶ月になる息子は夢中になってハイハイでミッキーを追い回していました。
公式HPいわく、「ミッキーマウスマーチ、ミッキーの誘いかけ、英語の歌、英語のお喋り、日本語のお喋りなど、音楽と言葉が19種類!英語耳が作れる知育要素をハイハイで楽しく学べます」とのこと。

使ってみた感想としては、ミッキーから流れる音楽やおしゃべりがどこまで英語耳を作れるかはよくわかりません。

ですが、ミッキーの動きがランダムなので、それを追い続けるのがとても体に良さそう。触れることで動き出すおもちゃなので、夢中になって追いかけタッチする度にミッキーがその都度動き出します。エンドレスに遊んでいられるおもちゃでもあります。

商品の公式HP

(3)カワイのミニグランドピアノ

私が小さい頃にも使っていたおもちゃのようです。

実家に帰ったときに息子が夢中になって演奏?(というより鍵盤をバンバン叩いていた)ので、自分の家用にも買いました。

1歳になる少し前から、叩いて音がなることが楽しそうにみえ、何か楽器があるといいかもと思い購入。

主に息子に自由に弾かせていますが、たまに私が簡単な演奏をすると聞いてくれます。(YouTubeやNetflixなどにある赤ちゃんや幼児用のチャンネルで流れている曲を弾くと喜ばれる気が!)

ちなみに、息子がピアノの上に登って遊ぶため、普段は写真と異なりピアノの脚を外して使っています。

半永久的に狂わない音程が出るので、音感を身につけるのにはとても良いのではないでしょうか。

イタズラにも強いつくりなっているので、その点も安心です。息子はピアノに登って遊んだりしていますが、今のところ破損しておりません。なお、1歳の息子のようにピアノに登ってしまうような場合には、ピアノの脚を外して使うことが推奨されております。

カワイのミニピアノはなんとピアニストの辻井伸行さんが幼いころに遊んでいたとの口コミも!世界的なピアニストも遊んでいたミニピアノ。色や形も豊富なので、一度購入を検討してみても良いかもしれません。

商品の公式HP

ともこ流“良いおもちゃの見つけ方”

私も試行錯誤中ですが、web検索以外のおもちゃの見つけ方で良さそうなものを挙げてみます。

(1)同年代のお友達のおうちで

自分の住んでいる地域には日本人のママ友が多いこともあり、友達のおうちとの行き来が多い日々です。

そこで夢中になったものを購入することが多いです。

(2)先輩ママからのすすめ

同じ地域に住んでいる日本人の先輩ママからのお話は特に参考になります。特に、自分の子どもの性別と同じ子どもをもつ先輩ママからの情報は必見です。

(3)おもちゃ美術館や良質な子ども用品を扱うブランドのHPなど、良いおもちゃがたくさん揃っている場所

例えば東京の四谷三丁目にあるおもちゃ美術館には、たくさんの木のおもちゃがあります。

入場するのに料金はかかりますが、そこで数時間遊ばせてみて、気に入ったおもちゃを購入するのも良いと思います(中学生以上:1,110円、6ヶ月~小学生:800円)。

私も一時帰国中に来訪して、おもちゃを数点購入してきました。

おもちゃ美術館の売店の方にも気軽に相談できるので、おすすめです。

シリコンバレー生活も3年目ですが、そんなに都会ではないということもあり、この場所に行けば必ず良いおもちゃに出会える!と断言できる場所には出会えていません。

だからこそ、日常的に使っているAmazonなどの通販サイトを使って購入することが多くなりがちです。

とはいえ、これはアメリカあるあるなのですが、結構な頻度で届かなかったり、不良品が届いたりということは多いです。日本では考えられませんよね。

そのような苦い経験もあり、確実に良いおもちゃを購入する方法を模索するようになりました。

最近は、上記のような方法でおもちゃを見つけ、かつ実際購入した人から購入方法も詳しく教えてもらった上で購入することが多いです。

あるいは、Nordstromのような高級デパートや、Pottery Barn Kidsのような良質な子ども用品を扱うブランドのホームページを見て、オンラインで注文することも多くなりました。

日本には良質なおもちゃがたくさんありますし、アメリカのようなオンラインショッピングのトラブルは少ないので、ここまで考えなくても良いかもしれません。ああ、おもちゃ美術館のような場所が自分の家の近くにもあったらいいのに・・・!

とはいえ、おもちゃの数は無限大!おもちゃ探しの手がかりになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
Avatar photo
TOMOKO慶應大卒ママ、アメリカ・シリコンバレー在住
  • 慶應義塾大学法学部卒業、中央大学法科大学院卒業。
  • 飲料メーカーで法務担当として勤務後、夫のアメリカ・シリコンバレー駐在に帯同するために退職。
  • 1歳男児ママ。
  • 趣味は旅行・ワインを飲むこと、特技はどこでも寝られること。