シュタイナー教育を受けた著名人と教育の理念を解説します!

ざっくり言うと

    シュタイナー教育ってご存知ですか?あまり聞き慣れない言葉ですよね。シュタイナー教育は子供の教育法のひとつであり、強い特異性を持っています。

    シュタイナー教育を受けた著名人は世界中にたくさんいます。さて、どんな方がいるのでしょうか。そして、シュタイナー教育とはどのような教育理念なのでしょうか。今回はその著名人と教育理念を詳しく解説します。

    シュタイナー教育を受けた著名人は?

    日本にもシュタイナー教育を受けた著名人がいます。それぞれの分野で才能を開花させて活躍されています。そこで日本の著名人で代表的な方を紹介します。

    俳優の斎藤工は東京シュタイナー学園の卒業生

    東京シュタイナー学園の第二期の卒業生として知られているのが俳優の斎藤工さんです。斎藤工さんは俳優の他に、最近では映画監督としてもご活躍されています。

    シュタイナー教育を受けたことは自身でも公言されていて、あるインタビューにも「自分の個性はシュタイナー教育が軸となっている」と明確に答えています。

    俳優としてブレイクする前には、大学などでシュタイナー教育についての講演を行ったりもしていました。

    斎藤工さんはモデルとしても舞台俳優としてもご活躍されていて、パリコレの出演経験やミュージカルなどでも多彩な才能を発揮されています。この多彩な才能はシュタイナー教育の中で培われたものなのでしょうか。

    自身の講演の中でも「アーティストの子供が多かった」と話されているように、シュタイナー教育は感覚世界の分野に特化した学問であるといえます。

    全国のシュタイナー学校について詳しく紹介している記事です。

    黒柳徹子が執筆した「窓際のトットちゃん」の舞台はシュタイナー学園って本当?

    黒柳徹子さんはタレント・女優・司会者など、多方面に渡ってご活躍されています。

    また、エッセイストとして執筆活動もされていて、大ベストセラーとなった「窓際のトットちゃん」の著者としても有名ですよね。「窓際のトットちゃん」は黒柳徹子さんの自伝的物語とされています。

    他動で落ち着きがなくて問題児であったトットちゃんは、小学1年生で学校を退学させられます。そして、次の転校先に選んだのがトモエ学園です。

    トモエ学園は日本で最初にシュタイナー教育を取り入れた学校という説もありますが、少し事実とは異なるようです。

    黒柳徹子さんは音楽教育家であるエミール・ジャック・ダルクローズ氏が提唱するリトミックを取り入れた教育を受けていたとのことです。

    リトミックは、シュタイナー教育のオイリュトミーという科目と似てることから、シュタイナー教育を受けた著名人は黒柳徹子さんというような情報が拡散してしまったみたいです。

    黒柳徹子さんがどんな教育を受けていたか気になる方はこちらの自伝物語を読んでみてください。

    シュタイナー教育の歩みと理念

    シュタイナー教育はどのようにして生まれたのか、そしてどのような理念の下に教育が行われているのか、その歩みと根本にある理念を見ていきましょう。

    シュタイナー教育の創始者ルドルフ・シュタイナーとはどんな人物?

    ルドルフ・シュタイナーは、20世紀初頭にオーストリアやドイツで活躍した哲学者です。幼い頃から哲学や文学に興味を示していましたが、大学では自然科学を専攻しました。

    やがて、ドイツの文豪ゲーテに感銘を受けて哲学者・思想家の道を志すようになります。1923年に「一般人智学協会」を創設して協会の代表に就任しました。

    人智学とは、感覚世界や超感覚世界といった精神科学の学問といわれています。シュタイナーの思想とは、物事を一面的ではなく全体的に様々な側面から捉えることにあります。

    物事の本質を見極めることで、あらゆる事柄に対応できる力を養えるというものです。霊能力や瞑想といった考えもシュタイナーの思想の根本にあります。

    そして、この「人智学」の思想から誕生したのが「シュタイナー教育」であり、ドイツではヴァルドルフ教育とも呼ばれています。

    シュタイナー教育は特異性や宗教的な要素が強いこともあって、その思想と教育法は様々な賛否に分かれます。

    シュタイナー教育の学校は1919年にドイツで設立されました。後に世界中に広がり、現在は世界60か国に1000~1500以上の学校や幼稚園があるといわれています。日本にも7校以上の全日制学校や50園以上の幼稚園があります。

    シュタイナー教育が提唱する7年期

    シュタイナー教育では、身体と心と頭をバランスよく調和することが、人間が生きるうえで最も大切であるということを提唱しています。

    この3つのバランスを大切にする背景には、身体だけ発達しても心が未発達で感情のコントロールできない、頭が良くて知識だけあっても身体や心が成長していないといった問題を抱える人が多くいるからです。子供のうちはまだ大きな影響はありませんが、大人になり社会に出たときに困りますよね。

    そして、3つをバランスよく調和するためのヒントは、成長の過程にあり、成長の過程を順番に辿っていくことが最も重要であるとされています。

    シュタイナー教育の根本である人智学では、人間は7年ごとに成長していく考えられています。成長の段階を7年ごとに3段階に分けて考える教育法が7年周期といわれるものです。

    七年期

    第一7年期:0~7歳 身体 意思
    第二7年期:8~14歳 心 感情
    第三7年期:15~21歳 頭 思考

    • 第一7年期

    0~7歳は身体を育てることに重点を置いて、手や足を動かして身体の基礎を作ることから始まります。子供らしく走り回ったり、自然に触れたりして大いに遊ぶことです。

    大人が決めた遊びではなく、子供が自分で考えた遊びを自由にさせることが大切です。また、子供らしく走り回り自然に触れることで健康で丈夫な身体づくりとなります。健康で丈夫な身体は、何をするにも重要な要素になってきます。

    子供らしく手や足を動かすこの周期では、意思というものが形成されます。意志の形成のうえで、世の中の善というものを自然に理解できるような環境を作ってあげることが大切です。模範の時期でもあるので、大人が模範となるような行動をしなくてはなりません。

    • 第二7年期

    7~14歳は心と感情が育つ時期なので、自然や生物・物に直接触れて真実を知ることが大切です。善を目の当たりにすることで感動や憧れを覚えるようになります。

    触れたものや目にしたものを直に感じ取ることで、心が作られて感情が育まれるのです。

    芸術などに触れて、世界はこんなにも美しくて素晴らしいものなのかと感じる心を持つようになります。それと同時に、起こり得る世の中の現象には因果関係があるということを理解するのです。

    この周期では第二反抗期に当たり、子供にとっては難しい時期に差し掛かります。世界に一人の自分ということに気付き始めるのです。それは子供が自立して生きていくためになくてはならないものです。

    身体や心が大きく変化する周期であり、子供は不安や戸惑いの中にいます。その転換期を子供が自らの意思と思考力で乗り越えることで、様々な困難にも負けない克服する力を得るのです。

    • 第三7年期

    15~21歳は思考力や知力が育つ時期です。他者や周囲の環境から多くを学び、理想の世界や社会を持つようになります。思考力によって理想と現実の認識や理解を深め、考えて行動する力を育んでいきます。

    また、理想の世界や社会をもつ習性から、理想からかけ離れた人間や世界に失望して、すべてのものに対し否定的になり拒否するようになります。

    しかし、ときには周囲の環境や自分自身に疑問を投げかけ、判断する力が育まれ、そして高い理想や人生への希望と期待がもたらされます。

    異性を意識するようになり、性や愛に目覚めて、興奮、衝動、社会性を安定に保つための自我も芽生えます。

    シュタイナー教育が考える4つの気質って何?

    人間は生まれた時から気質を持っていると考えられています。気質とは、個性と親からの受け継がれた遺伝的な要素が混ざり合い形成されたものです。気質は大きく4つのタイプに分類されます。

    胆汁質
    • 自己主張が明確
    • 意思の強さがある
    • 行動力や決断力がある
    • 自分の意思が通らないと拗ねる
    • 些細なことで他者と衝突する
    • 自分の能力が認められると、集中力や行動力を発揮
    • 地を踏みしめるようにしっかり歩く

    子供への接し方とエレメント

    子供に目を向けて、やってることに関心を持ってあげることが大切です。簡単な課題を与えるのではなく、少し難しい課題を与えましょう。 簡単にできてしまうと自信過剰になってしまうからです。尊敬される大人の存在がいることで、子供に自制心が生まれます。火のエレメントで色は赤です。

    みやび(パパ)
    何事も努力と尊敬の気持ちが大事ということだよね!
    憂鬱質
    • 物事を悲観的に考える
    • 非社交的で周囲から孤独
    • 敏感で些細なことにも傷つきやすい
    • 自分自身に関心がある
    • 懐疑的な捉え方をする
    • 重いものを引きずるような足取り

    子供への接し方とエレメント

    大人の辛い体験に共感を覚えて、悲劇を体験した人に慈愛を示すタイプです。共感できる出会いがないと孤独感に苛まれてしまいます。土のエレメントで色は紺や紫です。

    みか子
    きっと気持ちの優しい繊細な子なのよね!
    粘液質
    • 休む、食べる、眠るのが大好き
    • 人から注目されるのを嫌う
    • のんびりと落ち着いている
    • 指示はしっかりと受けてこなすが、時間はかかる
    • やる気を起こすと長続きする
    • 落ち着いたしっかりとした足取り

    子供への接し方とエレメント

    大人が子供に興味を持っていろいろなことに気づいてあげるのが大切です。気づいたことを子供に教えてあげるのではなく、子供に気づかせるように導くこと。 大人の反応に敏感なので、それに刺激を受けて自分から関心を示すようになります。水のエレメントで色は緑です。

    みやび(パパ)
    やる気になればなんでもできる子だ!
    多血質
    • 多くのことに関心を持ち、一つのことに集中して取り組むことができない
    • 楽天的でポジティブにとらえる
    • 活気に満ちていて陽気で明るい
    • 環境と自分の関係が大事に考え、人当たりが良くて優しい
    • 感化されやすく、不快、喜びや悲しみに敏感
    • 新しいものに関心を示すが、集中が長続きしない
    • 飛び跳ねているような軽い足取り

    子供への接し方とエレメント

    落ち着きがなくせかせかしているので、大人がゆっくりと行動して導いてあげましょう。その逆に大人がせかせかしてるように見せて、落ち着いて行動するということに気づかせる方法もあります。エレメントは風で色は黄色です。

    みか子
    きお太はこの気質に当てはまるわね!

    シュタイナー教育の特異な教育法

    シュタイナー教育は、一般的な義務教育にはないような特異性があります。その特異性から教育理念への賛否もあるようです。シュタイナー教育の現場ではどのような教育が成されているのか見ていきましょう。

    からだの基礎を作る

    シュタイナー氏が提唱する7年期にもあるように、0歳から7歳までは身体づくりをする時期です。子供の興味が他に移らないように、周りに玩具や遊具などの遊び道具は置きません。

    周囲の影響を受けないような環境を作り、生活のリズムを大切にしています。食事をするときは子供達が自らテーブルのセッティングをしたり、使ったものは自分達で片付けるという意識を持たせるようにしています。

    朝や食事の前など、それぞれの場面で歌や詩の暗唱をしたりもします。歌や詩の暗唱は一種の自己暗示のようなもので、精神集中や心の安定に繋がります。身体を作ると同時に想像力も育成します。

    食事はオーガニック

    学校の給食は有機農園で収穫された農産物で作ります。調味料も自然食品を使って手作りされたものを提供します。食事全てにおいて手作りでなくてはいけません。自然のエネルギーを口から体内に取り込むようにしています。

    身体を作る基礎となるのが食事であり、シュタイナー教育は食材にも徹底したこだわりと教育理念を持っています。

    特殊なクラス分け

    通常の学校であれば年齢ごとにクラス分けされますが、シュタイナー学校は異なる年齢でクラス編成されます。年上のお兄さんやお姉さんと共に学ばせることで、年下の子供の刺激となり、また模範にもなります。

    年上の子供は小さい子供の面倒を見るようになり、お世話することを学びます。子供同士がお互いを支え合う良い関係性が生まれるのです。

    担任の先生が代わらない

    シュタイナー学校は小学校から中学校までの一貫校です。子供が在学している間は担任の先生が代わらず、持ち上がり制となっています。

    小学校から中学校までの8年間受け持つことで、先生は子供を長期的に観察することができます。子供の特徴をしっかりと把握することができるので、的確な教育ができるようになります。

    メインの授業と通常の授業がある

    シュタイナー学校の授業は、メインと通常の二つに分かれています。メインの授業は毎日あり、2~3週間ごとに科目が変わります。

    天文学や植物学など、シュタイナー教育独自の科目を学びます。歌や詩の朗読、ゲームなどをして身体を動かしたりします。日本の小学校では習わないような珍しい科目ですよね。

    通常の授業は日本の小学校と同じように、曜日で科目が決められています。ドイツ語、フランス語、ギリシア語、工作、音楽、体育など、一般の小学校の科目とは若干異なります。

    教科書のない授業

    シュタイナー教育には、エポック教育といわれるものがあります。エポック教育の大きな特徴は、授業で教科書を使わないことです。

    教科書の変わりに使われるのは、エポックノートと呼ばれるスケッチブックです。エポックノートには、自由になんでも書いても良いとされています。

    体験したことやお友達から言われた言葉や意見、学校の先生から教わったことなどを記録して、自分だけの教科書を作ります。

    鉛筆は使わずクレヨンで文字や絵を書きます。クレヨンのほうが線の太さや色のバリエーションが豊富なので、文字や絵に躍動感や生命力を与えます。

    エポック教育では、小中学校で習う主要科目の中から一つだけ選んで、それを数週間集中的に学ぶ時間があります。

    1教科を集中的に学ぶことで、その分野の知識がより深められるといわれています。数週間学び続けたら、数週間休みを与えるということにも意味があるとされています。

    フォルメンとオイリュトミー

    フォルメンは精神を安定させて集中力を高める効果があるとされています。定規などは使わず、幾何学的な模様を曲線で描きます。

    すべての物質や生命体は、多くの部分が集合し連携して全体を作っています。その有機的なフォルムを把握するための授業がフォルメンなのです。

    オイリュトミーは音楽やリズムを身体を使って表現する神秘芸術です。子音と母音で動きが決まっています。

    その二つの動きを組み合わせることで、音やリズムを目に見える形として立体的に表現できる。みんなでオイリュトミーをすることで、協調性を育み責任感が養われます。

    テストはしない

    子供達を点数で評価することはしないので、テストは行いません。対象への子供の興味が学習への動機であって、意欲にも繋がるという考え方に基づいています。

    通信簿も点数ではなく、先生から見た子供の勉強への姿勢や生活面の観察記録をつけます。記録は先生からの意見が書かれているだけのようです。子供一人一人をしっかりと明確に評価するような形が取られています。

    テレビや絵本は見せない

    テレビは受動的であり、感受性の強い子供は影響を受けやすいという考え方です。脳と身体のバランスが調和されていない時期の子供達にとっては刺激の強いものになります。

    2次元と3次元の認識ができないので、幼児向けの番組でも悪影響を及ぼす場合がある。テレビやネット動画ばかり見せていると、子供の変化に気付いてあげられなくなります。

    絵本や紙芝居は見せずに、物語の内容を淡々と読み聞かせます。絵を見せないほうが子供の想像は膨らむのです。

    ディベートで学ぶ

    ディベートとは主題を掲示して討論をする授業です。この授業はレリジョン(宗教)と呼ばれています。

    これは正解にたどり着くための討論ではなく、自分の考えや意見を発言させるためのものです。子供達が自分の考えを持つことに主眼が置かれています。

    ディベートの題材は子供達が出し合い、その中から先生が選んで決めます。政治や世界情勢、様々な社会問題などがトピックになります。事前に勉強をしておく必要はなく、その場で自分の考えや意見を述べればいいのです。

    素朴な疑問でもいいので、自分から発言する積極性が大切です。また、周りの意見にも耳を傾けて、他人を尊重する意識を持たせる教育をします。

    子供の精神を安定・安心させる環境を作る

    子供は感受性が強く、周りから得た情報や新しい知識をすぐに吸収してしまいます。子供の知識になるのであれば良いと考えてしまいますが、シュタイナー教育ではあまり強い刺激を与えてはならないと考えられています。

    子供達が落ち着いて過ごせる環境を作り、安心感を与えるようにします。暖色系の壁やカーテンにしたり、木製の家具などを置いたりして温かみのある優しい空間にします。

    シュタイナー学校についてはこちらの記事もご覧ください。

    こちらはオイトリュミーについて詳しく書かれています。

    シュタイナー教育は子供にどんな影響を与える?

    シュタイナー教育を受けることで、自分の信念を持って自由に生きていける子供になります。自由に生きるとは自分勝手に生きることではありません。自分で意思決定をして、自分の足で行動できる人間です。

    自分という中心軸を持って、自分の意思や考えに誇りと自信を持って生きていく。その場面や状況に戸惑ったりせずに、柔軟に対応して生き方を変えていける強さを得ることができます。

    そして、ブレない一本筋の通った人間になります。自分という軸がブレなければ、物事を途中で投げ出したりしません。

    ブレない自分といっても、頑固やわがままとは違います。物事をしっかりと冷静に見極めて、最良の判断と決断を下せるようになります。

    創造性やひらめきという感性に満ちあふれ、誰にも思いつかないようなことをして、新しい世界に飛び込んでいきます。

    シュタイナー教育を受けた子供達は、大学への進学率が高い傾向にあるようです。進路の幅も広く、大手企業に就職する者もいれば、独自の路線を貫いて職人やアーティストになる者もいます。

    シュタイナー教育では芸術的な感性が育成されるので、芸術分野に進む人もたくさんいます。シュタイナー教育は優秀な人材を育てるための教育法であると言えるでしょう。

    周囲の人間や環境に左右されずに自分の意思で歩んでいく、人生において最も大切なことですよね。

    シュタイナー教育の欠点とは?

    シュタイナー教育は「からだ」「こころ」「あたま」を年齢に応じて順番にバランスよく調和していく教育法です。テレビを見せない、おもちゃも決められたものしか持たせない、など現代で実践させるのは難しいです。

    大げさかもしれませんが、現代社会から子供達を隔離するようなことをしなくてはならないこともあります。食事は有機農産物で調理したものでなくてはならない、スポーツは中学生になるまで推奨されない、などのルールもあります。

    シュタイナー教育は細かな決め事がたくさんあって、すべてを理解して実践するのは大変です。あまりにもルールにのめり込んでしまうと、子供にストレスを与えたり、周囲からの孤立を招くことも考えられます。

    親御さんは子供の様子を注意深く見守りつつ、時と場合によっては教育法と現実のバランスを取ることも必要です。シュタイナー教育は学校と家庭のバランスを考えながら実践されると良いでしょう。

    シュタイナー教育のデメリットはこちらの記事もご覧ください。

    まとめ

    • シュタイナー教育を受けた著名人は?
    • シュタイナー教育の歩みと理念
    • シュタイナー教育の特異な教育法
    • シュタイナー教育は子供にどんな影響を与える?
    • シュタイナー教育の欠点とは?

    シュタイナー教育は、その特異性から誤解を招くこともありますが、人間として生きていくために必要な身体、心、知識を磨き上げていく教育法です。才能ある多くの著名人がシュタイナー教育を受けているのも理解できますね。

    シュタイナー教育に興味を持たれた方、実践させたいと考えている方は、子供の様子を観察しながら、バランスよく学ばせるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。